映像ライブラリ

1878年、私はロンドン大学で医学博士号を取得し、続いてネットレイ軍病院で軍医となるための所定研修を受講した。この研修が終わると、すぐに軍医補として第五ノーサンバーランド・フィージリア連隊に配属された。すでに第二アフガン戦争が勃発していたため、連隊はインドに駐留していた。ボンベイに上陸してみると、連隊はいくつもの峠を越えて進軍しており、すでに敵地深くにいることが分かった。やむをえず、私は同じ状況下にある大勢の将校と共にその後を追った。そして、なんとかカンダハールまで無事に到着することができた。そこで私は自分の連隊を見つけ、ただちに新しい任務につくこととなった。

この戦争は多くの人間に勲章と昇進をもたらしたが、私にとっては不幸と災難以外の何物でもなかった。私は自分の旅団からバークシャー連隊に転属させられ、マイワンドの宿命的な戦闘*に参加することとなる。この戦闘中、私はジェゼイル銃で肩を撃たれ、弾丸は肩の骨を砕き鎖骨下動脈をかすめた。もし、献身的で勇気ある看護兵マリがいなかったら、私は残忍なガジス*の手に落ちていたに違いない。彼は私を素早く荷馬の背に乗せると、イギリスの防衛線まで無事に運ぶことに成功した。

激しい傷の痛みに加え、長い間の苦役によって体が衰弱していたので、私は戦線を離脱させられて、おびただしい負傷兵の列に加わり、ペシャワルの兵站病院へ送られた。私はここで体力を回復し、病棟の周りを歩いたり、ベランダでちょっと日光浴が出来るまでに良くなっていた。その時、私は腸チフスに襲われた。イギリスのインド占有の呪いとも言うべき病気だった。何ヶ月間も私の命は絶望視されていた。だが、最終的に意識が戻り回復期に入った時、医事委員会は、私が痩せ衰え、体力も非常に弱っていたため、即日イギリスに帰還させる事を決定した。その結果、私は軍隊輸送船オロンテス号へ急送され、一月後ポーツマス桟橋に上陸した。私の体は取り返しがつかないほど損なわれていた。しかし寛大な政府によって、健康を回復するために九ヶ月の休暇が認められた。

私はイングランドには知り合いも親類もいなかった。それゆえ私は空気のように自由だった、・・・いや、一日11シリング6ペンス*の収入が許す限り自由だった。こうした状況下で、私は自然にロンドン・・・そこは帝国の怠け者達が否応なしに排出されて行く巨大な汚水曹だ・・・、へと引き寄せられた。そこで私はしばらくの間、ストランド街のプライベートホテルに滞在し、許される限度を遥かに越えた浪費をしながら、これといった楽しみもない、無意味な生活を送っていた。すぐに、財政状況が非常に逼迫してきたので、私はこの大都市を離れてどこか地方に行くか、生活スタイルを完全に変えなければならないことに気付いた。私は後者の選択肢を選び、ホテルを出て、見栄を張らずもっと費用のかからない居住地を定めようという決心を固めはじめていた。

激しい傷の痛みに加え、長い間の苦役によって体が衰弱していたので、私は戦線を離脱させられて、おびただしい負傷兵の列に加わり、ペシャワルの兵站病院へ送られた。私はここで体力を回復し、病棟の周りを歩いたり、ベランダでちょっと日光浴が出来るまでに良くなっていた。その時、私は腸チフスに襲われた。イギリスのインド占有の呪いとも言うべき病気だった。何ヶ月間も私の命は絶望視されていた。だが、最終的に意識が戻り回復期に入った時、医事委員会は、私が痩せ衰え、体力も非常に弱っていたため、即日イギリスに帰還させる事を決定した。その結果、私は軍隊輸送船オロンテス号へ急送され、一月後ポーツマス桟橋に上陸した。私の体は取り返しがつかないほど損なわれていた。しかし寛大な政府によって、健康を回復するために九ヶ月の休暇が認められた。

私はイングランドには知り合いも親類もいなかった。それゆえ私は空気のように自由だった、・・・いや、一日11シリング6ペンス*の収入が許す限り自由だった。こうした状況下で、私は自然にロンドン・・・そこは帝国の怠け者達が否応なしに排出されて行く巨大な汚水曹だ・・・、へと引き寄せられた。そこで私はしばらくの間、ストランド街のプライベートホテルに滞在し、許される限度を遥かに越えた浪費をしながら、これといった楽しみもない、無意味な生活を送っていた。すぐに、財政状況が非常に逼迫してきたので、私はこの大都市を離れてどこか地方に行くか、生活スタイルを完全に変えなければならないことに気付いた。私は後者の選択肢を選び、ホテルを出て、見栄を張らずもっと費用のかからない居住地を定めようという決心を固めはじめていた。